[st-kaiwa1]

特許出願件数は年々減少気味と言われているけれど分野別にみるとどうなんだろう。

伸びている分野もあるんじゃないかなあ。

[/st-kaiwa1]

こうした疑問に答えます。

特許出願の分野には機械・電気・化学などさまざまありますが、分野別の特許出願の件数の推移のデータは公開されていません。

そこで、今回筆者はJ-PlatPatで公開されている特許の公開公報にもとづいて、特許出願が伸びている分野と伸びていない分野について調べてみたのでその結果と考察をお話しします。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

今回の記事が参考になる人

[/st-mybox]

1.分野別の特許出願の件数の推移の検証方法

今回、分野別の特許出願の件数の推移を検証するにあたり、2009年・2014年・2019年の特許出願件数を調べました。

なぜ2021年度ではなく、2019年度であるかというと、J-PlatPatですべてが公開されている最新年度が2019年度であるためです(特許出願は出願してからや1年6か月後に公開。)。

次に、分野別の特許出願の件数の推移の傾向を調べるにあたり、2021年特許公開公報出願人ランキングのベスト20のそれぞれの出願人をその分野の代表として、それぞれの2009年・2014年・2019年度の出願件数を調べました。

2021年特許公開公報出願人ランキングのベスト20は以下のとおりです。

出願人 分野
1位 キヤノン株式会社 電気
2位 トヨタ自動車株式会社 機械
3位 パナソニックIPマネジメント株式会社 電気
4位 三菱電機株式会社 電気
5位 株式会社三洋物産 遊戯
6位 株式会社三共 遊戯
7位 株式会社デンソー 電気
8位 本田技研工業株式会社 機械
9位 セイコーエプソン株式会社 機械
10位 株式会社リコー 機械
11位 株式会社大一商会 遊戯
12位 株式会社東芝 電気
13位 コニカミノルタ株式会社 電気
14位 富士フイルム株式会社 化学
15位 日本電気株式会社 電気
16位 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊戯
17位 株式会社日立製作所 電気
18位 シャープ株式会社 電気
19位 大日本印刷株式会社 機械
20位 ソニー株式会社 電気

参考:知財ラボ「2021年特許公開公報 出願人ランキング」

ランキング20位以内に分野が化学の出願人の数が1つしかないため、さらに以下の化学メーカーについても特許出願の件数の推移を調べることにしました。

37位 花王株式会社 化学
42位 積水化学工業株式会社 化学
43位 東レ株式会社 化学
52位 住友化学株式会社 化学

参考:知財ラボ「2021年特許公開公報 出願人ランキング」

2.分野別の特許出願の件数の推移の検証結果

まずは電気分野の特許出願の件数の推移結果は以下のようになりました。

出願人 ランキング 2009年度 2014年度 2019年度
キヤノン株式会社 1位 7016件 8158件 6827件
パナソニックIPマネジメント株式会社 3位 11736件 5637件 4522件
三菱電機株式会社 4位 5759件 5493件 2787件
株式会社デンソー 7位 2821件 3889件 3740件
コニカミノルタ株式会社 13位 3245件 2167件 1574件
日本電気株式会社 15位 3959件 2051件 964件
株式会社日立製作所 17位 2970件 2056件 1462件
シャープ株式会社 18位 4221件 1386件 1574件
ソニー株式会社 20位 3556件 1653件 637件

参考:特許検索システム「Innojoy」を使用してデータを抽出。

 

電気分野は株式会社デンソー以外は全て減少傾向にあります。

この中でも8社中7社が10年前と比べて半数以上出願件数が減少しているという結果となりました。

次に機械分野の特許出願の件数の推移結果は以下のようになりました。

出願人 ランキング 2009年度 2014年度 2019年度
トヨタ自動車株式会社 2位 8003件 5685件 5500件
本田技研工業株式会社 8位 3701件 2456件 2511件
セイコーエプソン株式会社 9位 6518件 4110件 2394件
株式会社リコー 10位 4272件 3908件 2331件
大日本印刷株式会社 19位 1484件 2156件 1479件

参考:特許検索システム「Innojoy」を使用してデータを抽出。

いずれも機械分野は減少傾向にあります。

ただし、減少の割合は電気分野ほど悪くはない傾向にあります。

次に化学分野の特許出願の件数の推移結果は以下のようになりました。

出願人 ランキング 2009年度 2014年度 2019年度
富士フイルム株式会社 14位 3153件 1664件 1233件
花王株式会社 36位 1079件 805件 785件
積水化学工業株式会社 41位 708件 766件 816件
東レ株式会社 42位 641件 762件 748件
住友化学株式会社 51位 1193件 506件 743件

参考:特許検索システム「Innojoy」を使用してデータを抽出。

化学分野は積水化学工業株式会社と東レ株式会社以外は全て減少傾向にあります。

特に富士フィルム株式会社の出願件数の落ち込みは顕著ですが、それ以外では電気分野・機械分野と比較して落ち込みは緩やかです。

次に遊戯分野の特許出願の件数の推移結果は以下のようになりました。

出願人 ランキング 2009年度 2014年度 2019年度
株式会社三洋物産 5位 688件 1388件 2455件
株式会社三共 6位 523件 1811件 2490件
株式会社大一商会 11位 365件 992件 1844件
株式会社ユニバーサルエンターテインメント 16位 134件 674件 1216件

参考:特許検索システム「Innojoy」を使用してデータを抽出。

遊戯分野ではいずれも出願件数は3倍以上と顕著に伸びています。

3.分野別の特許出願の件数の推移の考察

以上の検証結果をまとめると、特許出願の件数の推移には分野別に以下の傾向があります。

今回の推移の結果で大きく目立っていたことは、「電気分野」の大幅な減少傾向と「遊戯分野」の大幅な増加傾向です。

ここでさらに「電気分野」「遊戯分野」について、代理人のサーチをしてみると、「電気分野」では出願件数の多くを内製をしており、さらには大手規模の特許事務所に依頼している一方で、「遊戯分野」では大手規模のときょ事務所だけでなく弁理士数が数名の小規模の特許事務所に依頼していることが多い結果もわかりました(特許検索システム「Innojoy」を使用してデータを抽出。)

そうすると、電気系を得意とする弁理士であれば、出願件数が大幅に減少している傾向にある「電気分野」よりも今後も増加することが予想される「遊戯分野」を得意としていく方が得策かもしれません。

また独立開業を考えている場合においても、数名の小規模の特許事務所に依頼している「遊戯分野」を得意としていく方が得策かもしれません。

4.分野別の特許出願の件数の推移のまとめ

以上、特許出願のデータを用いて分野別の特許出願の件数の推移を検証・考察しました。

今後も特許出願のデータを様々な角度から切り開いて知財情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です