[st-kaiwa1]

中国で自分の商標が誰かに登録されていないか心配…。

調査をしたいけれど中国特許庁のサイトだと使いづらいんだよなあ…。

そうは言っても特許事務所に依頼したり、調査ツールを利用すると費用も高くなりそうだし…。

自分でお手軽に調査できないものか…。

[/st-kaiwa1]

こうした悩みに答えます。

あなたの商標が中国で登録されているかどうは通常は国家知識産権局商標局 中国商标网」(日本語「中国商標網」)のウェブサイトで調べることができます。(http://sbj.cnipa.gov.cn/)※詳しい調べ方はこちらの記事でも解説しています。

しかしながら、検索結果が表示されるまでに時間がかかったり、初心者では扱いづらいことが多く、不便と感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では中国商標を簡単に調査できるおすすめのツールを紹介します。

ツールは有料ですが月額1,200円程度でほとんどの機能を使うことができます。

※このサイトによると、年間利用料799元なので、日本円で14000円、月額1200円ぐらいになります!

通常、商標の調査に使われる有料ツールは月額数万円することが多いので格安です!

 

本記事を読めば、月額1,200円程度の安さで簡単に中国商標を調査できる方法を知ることができるでしょう。

 

本記事の構成

1.中国商標の調査をする3つの方法

2.中国商標の調査ツール「モズレン」の5つの特徴

3.中国商標の調査ツール「モズレン」を実際使用してみた感想

4.中国商標の調査ツール「モズレン」の申し込み方法

5.中国商標の調査のまとめ

1.中国商標の調査をする方法

中国商標の調査をする方法としておもに3つあります。

まず中国商標網のサイトですが、上述のとおり、検索結果が表示されるまでに時間がかかったり、初心者では扱いづらいことが多く、不便と感じることが多いです。

そこで、特許事務所に依頼することも考えられますが、有料の場合が多く、1件当たり数万円の調査費用が必要であることが多いです。

そうすると、自分で便利な中国商標調査ツールを使って調査してみることも考えられますが、どれが最もコスパよくおすすめであるかよくわからない方が多いと思います。

そこで、おすすめの中国商標調査ツールとして「モズレン」を紹介します。

実際に筆者も使用してみてこれ以上コスパがよいツールはないものと確信しました。以下に解説していきます。

2.中国商標の調査ツール「モズレン」の3つの特徴

モズレンの特徴は以下のとおりです。

モズレン」は中国の調査ツールですがインターネットの設定で日本語変換を利用すれば中国語を理解できなくても簡単に使えます。

しかも費用は月額1,200円と圧倒的な安さです。

さらに、他の特徴としてビジュアルが洗練されており、初心者でも扱いやすいという特徴や1つのページから知りたい情報が一気に手に入るといった特徴があります。

このため、月額1,200円払うことで、調査に使う時間を大幅に節約することができてとてもお買い得感があります。

3.中国商標の調査ツール「モズレン」を実際に使用してみた事例と感想

筆者は、実際に中国商標の調査ツール「モズレン」を使用してみました。

ここでは、商標「Google」が中国で商標登録されているかどうかを調査してみてその感想を述べたいと思います。

トップページがこちらです。インターネットの設定で日本語に変換可能です。

 

ご覧のとおり、見た目のデザインが洗練されています。

その一方で「Google」のようにシンプルなデザイン構成であり、初心者でも扱いやすい感じがします。

まずは検索スペースに「Google」を入力して、中国で商標「Google」が登録されているのかどうか調査してみます。

すると、左には観覧車のように1から45までの区分が並んでおり、右下には出願情報がずらりと並んでいます。

ここで、右上にあるように、いくつか候補が表示されるのでここでは「GOOGLE」を選択します(上図の赤枠)。

すると、上図のとおり、「GOOGLE」に対する検索結果が表示されます。

左に表示されたリングでは、濃い緑色のエリアがすでに申請された区分を示し、淡い緑色のエリアがまだ申請されていない区分を示しています。

このように、左のリングを見ただけで、瞬時にして商標「GOOGLE」が申請されている区分がどれなのか、どれくらいあるのかがわかります。

ただし、これだけでは申請中だけど登録されていないものも登録されたものも含まれます。

そこでさらに登録されているものだけに絞るために「法的地位」で登録されているものを選択します。

すると上図のように、「GOOGLE」が商標登録されている区分は「第3類」「第7類」・・・であることがわかります。

このように一瞬にして商標「GOOGLE」が登録されている区分がわかるので、自分の商標がどの45類の区分の中でどの区分に登録されているかをすぐに知ることができます。

さらに右には商標「GOOGLE」の商標出願・商標登録の出願人(権利者)情報などが公開されます。

公開された情報は商標「GOOGLE」を商標出願した出願人が全て公表されますので、上図のように、「Google LLC」以外の出願人も公表されます。

このように、自分の商標を検索してみると、あなた以外に商標を出願している出願人の情報も公開されるので、自分の商標を狙っている人の情報も瞬時にわかります。とても便利な機能に思いました。

さらに、出願人情報だけでなく、出願から登録・却下までの経緯もわかるので、短時間で多くの情報を知りえることができます。(上図参考。)

このように、「モズレン」は中国向けの商標検索ツールですが、中国語が理解できなくても、視覚的に操作しやすいので初心者から上級者まで幅広く使えると思います。(なおGoogleの翻訳機能を使えば日本語に変換できます。)

中国商標網のサイトを使って調べると数時間かかることがモズレンでは数十分程度で済みます。

中国商標の調査を頻繁に行うのであれば、毎月1,200円払うだけで時間を大幅に節約できて買わない理由はないと思います。

4.中国商標の調査ツール「モズレン」の料金体系

中国商標の調査ツール「モズレン」の料金体系(年間使用料金)は以下のようになっています。(初期登録費用0。消費税別)

サービス ご契約ID数
1ID 10ID
ベーシック版 14,000円
プレミアム版 70,000円 140,000円
プレミアム版(英語) 210,000円 420,000円

サービスの種類はベーシック版とプレミアム版があります。

サービスの種類を比較すると以下のようになります。

機能 ベーシック版 プレミアム版 備考
検索 商標検索
区分検索
公告検索
図形検索 年間600回まで
税関登録検索
判例検索
分析 ドキュメント比較
権利比較
ウォッチング 100検索式まで
マップ
便利ツール 商標法律
実務ガイドライン

一見するとベーシック版で機能が限定されるように思いますが、ベーシック版でも中国での商標調査は十分に可能です。

もし迷ったらベーシック版でも十分な機能ですしベーシック版で問題ないでしょう。

5.中国商標の調査ツール「モズレン」の申し込み方法

モズレンの申し込みはモズレン公式サイト」から可能ですが、以下のフォームを入力することでも可能です。

なんと以下のフォームで申し込めば費用が10%オフとなるキャンペーンとなっています!

期間限定で予告なく終了しますのでお早めにどうぞ!

    ※題名にはモズレンの登録希望を入力いただければこちらからご連絡いたします!

    ※質問などあればメッセージに記入ください!

    5.中国商標の調査のまとめ

    モズレンの特徴をまとめます。

    ぶっちゃけ月額1,200円は安すぎです。期間限定のサービス価格かもしれないので登録はお早目にすませることをおすすめします。

     

    また、特許事務所BrandAgent®では中国商標の調査を無料で引き受けています。調査をプロに頼みたいと思われたらぜひご活用ください。調査依頼はこちらからできます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です